トップページ > スタッフブログ_青江整一

ミナモト建築工房 青江整一

パーマカルチャー、始まってます。

今年、パーマカルチャーを学びに神奈川県の藤野町に通うことになりました。

パーマカルチャーとは、

持続的で循環型の場づくりであり暮らしそのもの。

また、活かし合う関係性をデザインすることとも言われています。

自分たちが何を着て、何を食べ、どこに住まうか。

水はどこから来て、どこへ行くのか

電気やお湯はどのようにつくられるのか

食べ物はどのようにつくられるのか

私たちはどのように生きるのか

昨日より今日が豊かであるように

じいちゃんやばあちゃんから知恵を学び

子どもの時代へと紡いでいく。

そんなの「当たり前」だと認識しているけれど

実は活かされていない「何か」に

気づき、やってみること。

ミナモト建築工房が目指すのは「自然を活かした家づくり」

パーマカルチャーから学ぶインスピレーションを少しずつ伝えていきたいと思います。


今回の藤野町での朝、鶏小屋から卵をいただき、ごはんにかけて食べました。

みなさんが食べる卵。

その卵を産んでくれた鶏に触れたことがありますか?

私は、実は今回が初めての体験だったことに気づき、

感動しました。

当たり前だと認識してたけど、体験したことがなかったこと。