トップページ > スタッフブログ_青江整一

ミナモト建築工房 青江整一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランの暮らしと織物

日本から遠く離れたムスリムの国、イラン。

いつか訪れたい国の一つです。

イランは今でも土地に定住せず羊や山羊とともに遊牧を続ける民族がいます。

彼らは移動式の家(テント)での生活を続けているそうです。

自然の中で生活する彼らは、寒さをしのぐために、暮らしを彩るために織物をつむぎます。

それはキリムやギャッベと呼ばれ、地方や家庭によって少しずつその模様は異なり、味わいがあります。


明日から5日間、くらしのたねで「キリムとギャッベ展」を開催します。

主催者の石村さんはその魅力に魅せられた家具デザイナーです。

イランに幾度も通いながら、商業用ではない、暮らしの中でつむがれ使われてきた織物を譲り受けて来ています。

完全手つむぎ、草木染。アンティーク。

草木染でこれだけ鮮やかな色を出す技術は、残念ながら今日ではイランでも希少になってるそうです。

みなさんのお越しをお待ちしてます。

石村さんのイラン話もきっと楽しいですよ。





プレミアムキリムとギャッベ展
2月8日SAT ~ 2/12WED
OPEN  9:00
CLOSE 16:00(最終日のみ15:00)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。