トップページ > スタッフブログ_青江整一

ミナモト建築工房 青江整一

【上棟】

モデルハウスの上棟

構造躯体(スケルトン)は耐震構法、SE構法。

大空間設計で耐震等級3のこの家は

大災害を想定した構造計算を行っています。

それでいて内部の柱、壁が在来工法に比べずいぶんと少ないため

生活スタイル、家族構成の変化に伴う改修も非常に容易。

現地見学したい方、お気軽にお問合せください。






【1階 床合板貼】

モデルハウス。棟上げをひかえて、事前に1Fの床合板貼

モデルハウスの構造用合板は全て「1級構造用合板」

1級は入手困難の希少品で、ビスの効きがまるで違うようです。



いよいよ明日は棟上げです。

【土台敷】

モデルハウスの土台敷

通常の在来工法では土台の上に柱が乗りますが、

モデルハウス仕様は柱を基礎に直接連結させる工法をとりました。

理由は耐震。「引っ張り」の力で柱が抜けることから守ります。


【基礎工事】

モデルハウスの基礎工事

真四角ではない今回の基礎は難易度が高い職人の腕の見せ所(泣かせ?)

モデルハウスの基礎は海抜との関係を調査した結果、高基礎にしました。



【 地 縄 】

去年の秋頃から、着々と進めてきたプロジェクトがあります。

アイムコラボレーション石橋社長、北屋建設森下社長、小川健美小川社長からお話をいただいた企画。

「岡山の地元工務店が集まって、マチをつくりませんか?」

とても気持ちのいいプロジェクトで、是非共と賛同しました。

現在16社の地元工務店が集まって計画は進んでます。

明日、7月2日大安に地鎮祭です。

モデルハウスをこしらえます。

このモデルハウスは先着1家族にこれから暮らしていただけます。

場所は南区浦安。

興味のある方はご連絡ください。(担当:青江整一 090-2002-0701)

少しずつ、このブログでも紹介していきます。

乞うご期待!!